12月6日
風邪でドロッと濃い鼻水になる理由を知ろう

風邪のひきはじめには、透明な鼻水がサラッと出てきます。しかし、次第にドロッとした濃い鼻水に変わりますよね。これは風邪の症状が進行すると、白血球が鼻の粘膜の炎症を食い止めるためにウイルスと戦うからです。戦った後の白血球の死骸が膿となり、それが鼻水に混じってドロッとした粘液になります。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。