12月7日
怒っている人の顔は、見ないようにしよう

人は怒っている人の顔を見ると、脳の「扁桃体(へんとうたい)」が刺激されて、自分の中にも怒りの感情が湧いてきます。周囲に怒っている人がいたら、その人の顔をできるだけ見ないようにすることが大切です。それでも、あおられそうになった時には、「あの人はイライラして損をしている」と心の中で言い聞かせ、脳の扁桃体を刺激させないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。