12月14日
インスタントコーヒーとドリップコーヒーの違いを知ろう

お湯に溶かすだけの「インスタントコーヒー」と、少し手間がかかる「ドリップコーヒー」では、健康効果に違いがあるのでしょうか?どちらもカフェインの量は変わりませんが、「クロロゲン酸の量」や「香り」に大きな違いがあるようです。抗酸化作用をもつ「クロロゲン酸」は、ドリップコーヒーの方が多く含まれています。またドリップしたときに立ち上る豊かな香りも、ドリップコーヒーの方がはるかに上です。コーヒーの豊かな香りは「リラックス効果」をもたらしてくれて、心の緊張をほぐしてくれます。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。