12月16日
安眠のために、タマネギを枕元に置こう

タマネギに含まれる「硫化アリル」という成分には、催眠効果があります。この効能を活用するために、タマネギを枕元に置いてみましょう。なかなか寝付けないときでも、安眠しやすくなるそうです。ただし量は、タマネギの匂いにほとんど気づかない程度の、「ほんのひとかけら」でOKです。量が多すぎると匂いがきつくて、逆効果になる可能性があります。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。