12月19日
中性脂肪の数値が低いと疲れやすいと知ろう

健康診断で血液中の「中性脂肪」の数値が高いと気になりますよね。しかし、逆に低すぎると元気がなくなり、体が疲れやすくなってしまうんです。中性脂肪はカラダのエネルギー源で、私たちにとって必要不可欠なものです。検査で中性脂肪が基準値内でも、低すぎる方はお米などの炭水化物を摂るように心がけていきましょう。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。