1月2日
ケツメイシの抗菌・殺菌効果を活用しよう

生薬のケツメイシは、下剤としての効能から、「すべてを出し尽くす」という意味があります。その由来のように体の毒素を出す「デトックス作用」があり、抗菌・殺菌効果が高いという特徴があります。ケツメイシの煮出し液で「うがい」をすると、口の中にできた「口内炎」を抑える作用もあります。また、「ハブ茶」の原料は、「ケツメイシ」です。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。