1月3日
キャベツを食べて、胃を保護しよう

キャベツに多く含まれる「ビタミンU」は、胃を丈夫にし、胃酸の分泌を抑制する働きがあります。「ビタミンU」は、水に溶出しやすく、熱に弱い性質があります。生のまま食べたり、スープとして飲むのがよいでしょう。切るときも先に葉を洗ってから切るほうが、栄養素を保つことができます。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。