1月19日
ヤル気が出ない時は、脳の作業興奮を使おう

脳に、ヤル気がなくても作業をするうちに、自然とヤル気が引き出す性質があります。これを「作業興奮」といって、調子がでなくても、とにかく何か始めてしまうと脳も動き出します。その際、簡単なことを先にすると作業がはかどりやすくなります。また、10分単位で作業を進めることで、集中力をキープすることができます。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。