2月2日
バカ貝を食べて、コレステロールを整えよう

バカ貝は、青柳(あおやぎ)とも呼ばれ、「タウリン」が豊富な食材です。そのため、血中コレステロールを降下させて、「高血圧」や「心臓病」などの生活習慣病の予防効果が期待できます。ただし腎臓の弱い方は、タンパク質の含有量が多いために負担になる恐れがあります。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。