2月6日
足を動かして、脳の運動野の血流を上げよう

脳の中で運動を司る「運動野(うんどうや)」は、頭頂から耳のほうへ「帯状」に広がっています。中でも、てっぺんの部分と対応するのが「足」です。足を動かすと「頭頂」の血流が良くなり、さらにその途中の血流もすべてアップします。そのため、「足をよく動かす運動」をすると脳の血流アップにもつながるのです。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。