2月7日
陰嚢の仕組みを理解しよう

陰嚢(いんのう)という袋は、男性の生殖器の部分で、左右一対の器官です。袋の中には、精子をつくり男性ホルモンを分泌する「睾丸(こうがん)」と、睾丸でつくられた精子を一時的に保存する「副睾丸(ふくこうがん)」の2つがあります。睾丸の中には数10?の曲精細管が約1000本ずつ収められていて、ここで精子が作られています。作られた精子は副睾丸に送られて、10〜20日間ほど蓄えられながら成熟します。精子が一定の温度を保てるように、陰嚢は気温が高いと伸び、低いと縮む…というように体温を調節する構造になっています。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。