2月19日
歯が伸びた気がする時は、歯肉炎を疑おう

加齢により、歯ぐきが痩せてきたり、覆われていた歯根(しこん)が出てくると「歯が伸びた」ように感じます。歯ぐきが腫れていたり、出血しているようであれば、歯周病の初期症状である「歯肉炎」にかかっている可能性があります。軽度の歯肉炎は、歯ぐきに腫れがあっても痛みがなく正常に感じられるため、いつの間に症状が進んでいる恐れもあります。歯が伸びたと感じたときには早めに歯科で検査してもらうようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。