2月27日
人間の本来のリズムは、25時間と知ろう

人間が本来持っている一日の単位は「25時間」と言われています。それにも関わらず、「24時間」で体内リズムを維持できているのは、脳にある「視床下部(ししょうかぶ)」のおかげです。視床下部は、「外界の光」などを元に体内時計をリセットし、体内リズムと時間の微妙なズレを修正することができます。睡眠はもちろんのこと、一日の中の「体温のリズム」も、この視床下部のコントロールによるものです。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。