3月7日
汗腺トレーニングのために、お風呂に入ろう

必要なときに汗をかいて「体温調節」ができるように、毎日お風呂に入る習慣を身につけましょう。湯船の半分ぐらいまで溜めた「約39℃」のぬるめのお風呂に、15〜20分ぐらい浸かって適度に汗を出します。それが「汗腺トレーニング」となり、自律神経のバランスを整えてくれます。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。