3月16日
気分が落ち込んだら、太陽の光を浴びよう

朝、目覚めた後に「太陽の光」を浴びると、精神を安定させる脳内物質「セロトニン」が分泌されます。朝の散歩やひと駅分を歩くだけでも、セロトニンの分泌を促して気持ちが穏やかになってきますよ。イライラしやすい時、気持ちが落ち込みやすい時には、毎朝、太陽の光を浴びる習慣を身に付けてくださいね。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。