3月24日
仙腸関節をゆるめて、子宮を若返らせよう

仙腸関節とは、骨盤にある「仙骨」と「腸骨」をつなぐ関節です。歩く、座るなど、重要な動きを支えています。ズレて固まると骨盤がゆがみ、子宮の圧迫につながります。仙腸関節をやわらかくするには、ウエストの出っ張っている骨を、前方斜め45℃に、左右交互に突き出す体操をするとよいでしょう。体の軸がぶれないように、上半身を動かさないことがポイントです。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。