3月25日
こんにゃくを食べて、便通をよくしよう

こんにゃくは、東洋医学的に「平性」の性質をもっていて、消化不良を改善したり、便通の流れをよくする整腸作用もあります。ダイエット効果も注目されていますが、摂りすぎると栄養のバランスを崩してしまう恐れがあります。時間をずらして食し、他の栄養素の消化吸収に悪影響のないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。