4月15日
上半身太りは、タンパク質分解酵素を摂ろう

脚は細いのに、上半身が肥満し、お腹にボールが入っているような体型のタイプは、内臓脂肪がつきやすく、タンパク質の分解酵素が足りないサインであることがあります。このタイプの方は、肉がないと食事をした気にならない傾向があります。日頃から肉を減らし、大豆製品から摂取するタンパク質を増やすなど「低脂肪・良タンパク質」の食事を心がけると良いでしょう。タンパク質分解酵素を含んでいる食材は、パイナップル、ニンジン、エリンギなどです。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。