5月9日
レモンを摂取して、美容効果を高めよう

レモンは東洋医学的に「平性」で、唾液の分泌を促しながら、「胃腸」の働きを増進させる効果があります。レモンの酸味は「クエン酸」であることから、乳酸が溜まるのを抑制したり、お肌の美容効果も期待できます。レモンを料理に上手に活用して、キレイで健康的なカラダを目指していきたいですね。

前へ

バックナンバー

2014年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。