5月10日
子宮の健康をあらわす、手首に注目しよう

手首は「子宮の鏡」といわれ、子宮の状態が反映される場所だそうです。子宮が衰えて元気がないと、手首の動きが悪くなり、硬くなることがあります。そんな時は、右手の親指を内側に握りこんでグーを作り、左右10回ずつ、手首がほぐれるように、ゆっくり大きく回してみましょう。手首の緊張をゆるめることで、子宮のこわばりを解き、機能を高めてくれることが期待できます。

前へ

バックナンバー

2014年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。