5月16日
泣いてストレスを解消させよう

泣くことは、笑ったときよりストレス解消効果が高いと言われています。笑ったときの脳内の血流は「さざ波」程度の動きなのに対して、泣くときは一時的に「大波」に変化します。この血流が大波になる瞬間に「副交感神経」のスイッチが入り、脳は一気にリラックスモードになります。涙を流す時間は短くても、一粒でも流れると「睡眠」と同等の癒し効果があると言われています。

前へ

バックナンバー

2014年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。