5月20日
肝臓の基本となる、肝小葉について知ろう

肝臓の基本単位となっているのが、「肝小葉(かんしょうよう)」とよばれるものです。肝小葉は「六角柱」の形をしており、何十万個もの「肝細胞」からできています。肝臓に送り込まれた栄養素は、この肝細胞の間を流れながら、肝臓の機能を発揮しています。

前へ

バックナンバー

2014年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。