6月27日
小腸はテニスコートに匹敵する面積と知ろう

長さ2〜3m、直径4cmの小腸を押し広げると、「テニスコート1面」に匹敵する大きさになります。小腸の内壁は、「絨毛(じゅうもう)」と呼ばれる細かいヒダで覆われているため、全てを押し広げると驚くほどの表面積になるのです。腸のヒダの表面には、「絨毛上皮細胞(じゅうもうじょうひさいぼう)」という小さな細胞が並び、その先っぽには、さらに「微絨毛(びじゅうもう)」と呼ばれる細い毛が並んでいます。小腸は栄養吸収の効率を高めるために、何段階ものヒダで表面積を広げているのです。

前へ

バックナンバー

2014年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。