6月28日
酸っぱい食品は、歯に良くないことを知ろう

健康に気を遣っている人に多いのが、「酸っぱい食品」を好んで食べているケースです。しかし、飲む酢やグレープフルーツなどを毎日摂ると、歯が溶けやすくなる「酸蝕歯(さんしょくし)」になりやすい傾向があります。歯のエナメル質が溶けて黄色く見えたり、歯そのものを弱くさせることがあります。歯は、内側から溶けはじめるので、注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2014年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。