7月11日
睡眠不足で、物忘れが進むことを知ろう

睡眠中の脳は、「浅い眠り」と「深い眠り」を繰り返します。浅い睡眠中は脳が動いており、必要な情報を定着させたり、不要なことを忘れる整理をします。また、深い睡眠中は、脳は活動を止めて休みます。眠らないと、疲労が溜まって「脳老化」が進んだり、記憶が定着せずに「物忘れ」が激しくなることもあります。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。