7月17日
桃で血の巡りをよくして整腸機能を高めよう

桃は東洋医学的に、夏の果物の中では少ない「温性」で、胃腸の機能を良くして、血の巡りを促進させる作用があります。胃腸が弱い人には特に適している食材です。ただし、どんな体質の人でも桃を食べ過ぎるとお腹が張り、余分な熱を生じるので注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。