7月20日
ピロリ菌について知ろう

日本人の場合、40歳以降の「70〜80%」は、ピロリ菌に感染していると言われています。強い胃酸の中に住むことができる「ピロリ菌」は、胃壁に炎症を起こしたり、ストレスが強いときには「胃潰瘍(いかいよう)」を起こすきっかけとなります。そのため、胃潰瘍(いかいよう)をくり返す人の中には、薬でピロリ菌をやっつけて、再発を防ぐケースも増えているのです。ピロリ菌は、胃がんの危険因子の一つとも考えられています。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。