7月23日
足のむくみには、温ペットボトルを転がそう

ふくらはぎには、水分代謝を良くする「承山(しょうざん)」と、老廃物の排出を促す「承筋(しょうきん)」という2つのツボがあります。ここを「温ペットボトル」をつかって刺激すると、足のむくみに効果的です。使い方は、まず床に手をついて、脚を伸ばして座ります。左のふくらはぎの下に「温ペットボトル」を入れ、ボトルを転がすようにふくらはぎを前後させてください。5分ほど行ったら、右脚も同様に行います。2Lのペットボトルに約40℃のお湯を入れるとよいでしょう。お湯の量は8分目ぐらい目安です。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。