7月28日
悪酔いの原因、アセトアルデヒドを知ろう

悪酔いの原因は、肝臓でアルコールを分解したときに発生する「アセトアルデヒド」という成分です。これを分解して無害化するには、何種類かの「分解酵素」が必要になります。その分解酵素を多く持っている人は、たくさんお酒を飲んでも悪酔いしにくいですし、生まれつき持っていない人は、お酒をほとんど飲むことができないのです。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。