8月6日
42℃のシャワーで、安眠しやすくしよう

寝る前のシャワーは、42℃ぐらいの熱めのお湯をサッと浴びることで、安眠につながると言われています。熱いお湯でカラダの表面の温度が一時的に上がると、その後体温が大幅に下がるので、眠りやすい状態をつくることができます。安眠をしたい方は、シャワーの温度に注目してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2014年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。