8月27日
運動不足からの、逆流性食道炎に注意しよう

最近、運動不足の女性に多いのが、「逆流性食道炎」です。胃酸や食べ物が逆流してしまい、粘膜で炎症を起こしながら、「みぞおちの痛み」や「胸やけ」が続きます。これは食道のつけ根がゆるんでいるためで、運動不足による「横隔膜の衰え」が原因のひとつとなっています。胃酸の逆流を感じ始めたら、白湯を一杯飲んで、胃酸を薄めることで軽減できます。

前へ

バックナンバー

2014年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。