9月1日
腸と疲れ体質の関係を知ろう

便秘で腸の悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し、腸内で有害物質が発生します。その有害物質は、「門脈」という血管を通って肝臓に運ばれ、そこで分解されたり解毒されます。この解毒作業が増えると、肝臓が働き続けることになります。すると、いつもだるい、体が重いなど、疲れがとれにくい体質になってしまうのです。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。