9月3日
アワビを食べて、肝機能をアップさせよう

アワビは、東洋医学的に「平性」で、肝の機能を高める作用があります。交感神経の働きを抑制する「タウリン」という成分を豊富に含んでおり、食材の中でもトップクラスの含有量です。さらにカルシウムにおいては、牡蠣(かき)の3倍以上、タンパク質も牡蠣(かき)の2倍以上含んでおり、非常に栄養豊富な食材といえるでしょう。ただし、消化しにくい性質であるため、胃腸が弱い方は食べ過ぎに注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。