9月6日
腎臓が分泌する、活性型ビタミンDを知ろう

腎臓は、ビタミンDを活性化させた「活性型ビタミンD」を分泌しています。この活性型ビタミンDは、カルシウムを腸で吸収したり、カルシウムを骨の内部に取り入れて、骨を強く丈夫にする大切な役割を果たしています。腎不全では、ビタミンDの活性化がうまくいかず、骨がもろくなることがあります。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。