9月8日
肝臓が衰えると、白目が黄色くなると知ろう

肝機能が弱まると、壊れた赤血球の成分が黄色く色素沈着し、白目が黄色く濁ることがあります。お酒を飲まない人でも、便秘、食生活、疲労蓄積によって「肝機能」が衰えているケースがあります。白目が黄色がかってきたら、「肝臓の危険サイン」として注意しなければなりません。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。