9月13日
ストレスが溜まったら、単純作業を5分しよう

ストレスが溜まって、ドカ食いをしたり、気持ちが前向きになれないことはありませんか?そのような時は、反復的な「単純作業」をしてみましょう。梱包材の「プチプチ」をつぶしたり、立って足踏みをするだけでも構いません。人間は単純な作業を、同じリズムで5〜10分行うと、幸せ物質「セロトニン」の分泌が活発になります。このセロトニンが活発になることで、ストレスからくる食べ過ぎを防いだり、イライラを改善することができるのです。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。