9月14日
胆石のさまざまな治療について理解しよう

胆嚢(たんのう)や胆嚢管(たんのうかん)にできる結石のことを、「胆石(たんせき)」と言います。胆石の成分として、コレステロール系、ビリルビン系、混合系とあります。いずれも大きなものができてしまった時には、発作的に「激しい痛み」が起こる可能性があるので、胆石を取り除く必要があります。4つの治療法があり、「薬」を投与して胆石を溶かす方法、体外から「衝撃波」をあてて胆石をくだく方法、お腹に小さな穴を開けて、「腹腔鏡(ふくくうきょう)」を挿入して胆嚢を摘出する方法、お腹を大きく開けて、胆嚢を摘出する方法です。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。