9月17日
エンドウ豆は収穫時期で栄養が違うと知ろう

エンドウ豆は、胃腸の機能を高める作用があります。収穫時期によって呼ばれ方が変わる食材で、若いうちは「サヤエンドウ」、成熟すると、「グリーンピース」、成熟した豆を乾燥させたものが「エンドウ豆」、エンドウ豆の新芽を「豆苗」といいます。エンドウ豆やグリーンピースには「タンパク質」と「でんぷん」が多く含まれています。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。