9月21日
6歳までに言語野が急速に発達すると知ろう

読む、書く、話すなどの言語活動は、「左脳」の担当です。その中でも、言葉を聞き分ける「感覚性言語野(かんかくせいげんごや)」と、言葉を話す部分の「運動性言語野(うんどうせいげんごや)」は、6歳ぐらいまでにつくられます。これらが急速に発達する6歳までの時期は、スポンジのように新しい言葉を吸収することができます。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。