9月25日
休憩のストレッチでストレス物質を減らそう

運動したり、カラダを動かしていると、副腎から出るストレスホルモンと言われる「コルチゾール」が少なくなります。ストレスを感じたり、休憩時間のときには、簡単な「ストレッチ運動」をすると良いでしょう。血流もよくなるでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。