10月11日
歯周病を日常的に予防しよう

歯と歯茎のすき間で繁殖した「歯周病菌」が、歯茎の炎症や出血、口臭などを引き起こすことがあります。予防するためには、日常的にだ液の分泌を促したり、歯科で定期的に「歯垢(しこう)の除去」を行うようにしましょう。歯茎から出血や痛みがある場合には、歯科の受診が必要です。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。