10月18日
ラッキョウの体を温める作用を利用しよう

ラッキョウは、東洋医学的に「温性」で、体を温める作用があります。そのため「冷え」を温めながら改善させる効果があります。よく食べられる「ラッキョウの酢漬け」は、加熱していないため「アリシン」が残っており、少量摂ると「胃腸の働き」を活性化してくれます。食べ過ぎると、逆に胃腸の粘膜を傷つける恐れがあるので、注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。