10月28日
膵液により三大栄養素が消化されると知ろう

「膵臓(すいぞう)」からは、「膵液(すいえき)」という消化液が分泌されています。この膵液は、1日に約500〜800ml分泌されていて、タンパク質を分解する「トリプシン」、糖質を分解する「アミラーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」などの消化酵素が豊富に含まれています。つまり、膵液は食べ物の三大栄養素を消化できる、万能で強力な消化液なのです。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。