11月7日
爪に現れる、さまざまな症状を知っておこう

爪の様子を見ることで、健康状態を知ることができます。健康な爪は、「きれいなピンク色」をしています。しかし、爪のまわりが酸欠状態だったり、貧血気味のときには、爪が「紫色」になるんです。また白癬菌による水虫にかかってしまったときは、爪が「白色」になります。また色だけでなく、「爪の形」からも色々読み取ることができます、爪が盛り上がって厚くなっていると「肝硬変・肺の疾患」の恐れがあります。貧血で鉄分が不足しているときには、爪の中央が凹んでしまいます。また栄養状態が悪いと爪先が割れやすくなります。

前へ

バックナンバー

2014年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。