11月10日
髪のニオイを防ぐための注意点を知ろう

髪はウロコのような構造なので、すぐにニオイを吸収します。シャンプーで髪を洗ったあとに「生乾き」だとニオイを吸収しやすいので、しっかり乾かして外出するようにしましょう。また熱風を押し当てると、髪に「ニオイ分子」が発生するので、ドライヤーは髪から離して乾かすのもニオイを抑えるコツです。

前へ

バックナンバー

2014年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。