11月15日
40代女性は非結核性抗酸菌症に注意しよう

ぜんそくではないけれど、咳やタンが続いる…という時に疑ってほしいのが「非結核性抗酸菌症」という病気です。「結核」に似た菌が原因ですが、人から人への感染はしません。ただし、結核にかかる人が減っているのに対し、この症状が中高年の女性に非常に増えているのです。40代で咳が気になる人は、この症状である可能性もあるので、呼吸器専門の医療機関で一度診察してもらうと良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。