12月9日
体の温めと「めんげん」の関係に注目しよう

体の冷えをとるために、半身浴をしたり、足元を温めるなど、体を温める健康法をしていると、血流が良くなることで、一時的に思わぬ場所に湿疹が出たり、それまで抑えていた病気の症状が出ることがあります。これは「めんげん」という好転反応で、表面的には症状が悪化したように見えても、実は毒出しの結果なのです。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。