12月21日
舌を動かし、成長ホルモンをアップさせよう

舌を動かしていると、三大唾液腺をすべて刺激するため、唾液の量が一気に増えます。唾液の中に含まれる成長ホルモンの「バロチン」や「EGF」は、新陳代謝を活発にしたり、若返りに効果があると言われています。日常的に大きく舌を回す習慣をつけると、唾液による口臭予防、成長ホルモンの量をアップさせる効果も期待できるそうです。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。