12月25日
シャンツァイを食べて消化不良を改善しよう

中華料理やタイ料理などで使われる、シャンツァイ(香菜)は、食あたりを防ぎ、気を巡らせて消化不良を改善する働きがあります。シャンツァイには強い「抗酸化作用」があるため、脂質酸化を抑制する効果が期待できます。ただし、高血圧や胃潰瘍のある方には合いませんので、食べ過ぎないように控えめにすると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。