12月26日
内臓は、疲労によって硬くなることを知ろう

現代人は、姿勢の悪さや乱れた食生活により、内臓の位置がずれていたり、硬くなって動きが低下しがちだそうです。内臓は、「平滑筋」という筋肉でできていて、本来は柔軟性があると言われています。内臓が硬くなる原因として、添加物や塩分、糖分の多い食べ物ばかり摂ることで、消化のために内臓が疲労することがあげられます。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。